内側からできる日焼け対策

日焼けへの対策をしっかり行うことは、お肌のためになります。加齢によって起きる肌のたるみ、しみ、そばかすは、日焼けの影響によってより進むといいます。日焼け対策にクリームをつけたり、美白にいい化粧品を使うという方法もありますが、日焼け対策になるものを食べることで体を内側からつくることも可能です。

日焼けにいい栄養素といえば、挙げられるのはビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどです。よく使われるのがビタミンCで、日焼け止めスキンケアなどにも使われています。シミやそばかすはメラニン色素の増加によってできます。ビタミンCはメラニン色素の排出や、エラスチンの増加による肌の弾力アップ効果があります。活性酸素は紫外線を皮膚に浴びることによってできやすくなりますが、ビタミンCは活性酸素の除去にも効果的です。

また、ビタミンEも抗酸化力の強さで知られています。酸化は肌の老化現象を促進しますが、この作用をストップさせることができます。ビタミンCのように抗酸化作用があるものは、コラーゲンの生成も促進するといいます。女性は、生理が近くなってビタミンAの量が体内から失われると、肌が刺激に弱くなり日焼けしやすくなる性質があると言われています。

スキンケアだけでなく、サプリメントや毎日の食材を活用することで、体の中から有効な日焼け対策をしていくといいでしょう。

妊娠中の肌荒れ対策

コメントを残す